【3次公募】中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金

先週水曜日に「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」(以下、中小企業補助金)の第3次公募の予告がSIIのホームページにアップされました。

 

この補助金は、主に資金力が潤沢ではない中小企業にスポットを当てて、省エネによる生産性向上につながる設備更新を支援する目的があります。

 

3次公募は7月下旬から9月上旬の予定で公募が行われる予定ですので、空調や照明などの設備更新をお考えの企業様は、「機器代の3分の1」が補助される中小企業補助金を活用してみてはいかがでしょうか。

 

補助金活用をお考えの企業様は、当社にお気軽にお問合せください。

エネルギーの見える化

f:id:topane:20160701173921p:plain

当社では、エネルギーの見える化を行っております。
パソコンやタブレットからエネルギーモニターを確認し、照明や空調を調節して、無駄なエネルギーの使用を抑えています。

エネルギーの見える化についてのお問合せはこちら

2016年7月の安全スローガン『十分な睡眠と水分補給が夏の体調管理のツートップ!』

f:id:topane:20150325143140j:plain

■2016年7月の安全スローガン

『 十分な睡眠と水分補給が夏の体調管理のツートップ! 』

 

体調管理に気をつけて、安全に作業を行って下さい。

CADEWAの活用

 f:id:topane:20160622144515j:plain

当社では空調設備の設計、ビル管理設備の設計を、建設設備CAD「CADEWA」を用いて行い、電気/空調・衛生の設計図・施工図を効率よく作成しています。

平面/断面/3次元CGを自在に操作し複雑な現場の「見える化」、「見せる化」、「合意形成」に効果を発揮しています。

 

また、建物総合管理システムを導入し、設備管理、保全計画・実績管理などの現場管理、オーナー様が実施している、建物の電力、水などのエネルギー管理、コスト管理など、ビル管理業務全般の効率化のお手伝いもしております。

 

お問い合わせはこちら

 

広告を非表示にする

梅雨入り

f:id:topane:20160523191854j:plain

じめじめした嫌な季節になりましたね。

この時期はエアコンのドライ運転を活用して快適に過ごしましょう。

また部屋干しの際には、扇風機などで風を起こしてあげるとさらに効果が期待できます。

 

弊社では空調設備の設計から施工まで行っています。

空調機の設置・移設はもちろん、メンテナンスまでお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

広告を非表示にする

さまざまな資格を取得しているスタッフがそろっております!

 

f:id:topane:20150325143140j:plain

さまざまな資格を取得しているスタッフがそろっています
当社は設備工事設計・施工・建物管理業務のトータルサポートを業務としていますが、

スタッフが取得している資格は、

一級管工事施工管理技士、一級電気工事施工管理技士
一級建築士、一級建築施工管理技士
建築物環境衛生管理技術士
消防設備士
ソムリエなど
多種多様な分野に渡っています。
このようにそれぞれの分野で豊富な知識と経験を持ったスタッフが知恵を出し合って
お客様のニーズに応えています。
設備工事はもちろん、建築工事その他についてもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

社内研修会を行いました

 

f:id:topane:20160527175932j:plain

5月27日(金) 社内研修会を当社オフィス内にて行いました。

今回はダイキンHVACソリューション東京の方を講師に招き、当社社員はもちろん、協力業者の方々にお集まりいただきました。

 

当社にも「冷媒フロン類取扱技術者」の資格者がおりますがフロン排出抑制法について今一度、全社共通認識とすることが今回の勉強会の趣旨でございます。

 

また、単に法令の説明会にとどまらず、我々設備業者が今後取り組むべき課題や顧客サービスの重要性にも話が及び、大変有意義な時間でした。

 

↓新しい器材の紹介の様子

f:id:topane:20160527172325j:plain

<フロン排出抑制法(2015年4月から施行)>

業務用冷凍空調機器のユーザーに点検が義務化されました。

 

■点検対象機器

第一種特定製品

 ・業務用空調機器(エアコン、ターボ冷凍機、チラーなど)

 ・業務用冷凍・冷蔵機器(コンデンシングユニット、冷凍・冷蔵ショーケースなど)

■管理者(ユーザー様)が取り組むこと

 ・機器の点検

 ・漏えいの対処

 ・記録の保管

 ・報告

 

一定容量以上の機器は、有資格者による点検が必要となります。

東熱グループでは「冷媒フロン類取扱技術者」が責任をもって点検を行います。

お問い合わせはこちら